2011年03月19日

枚方市における避難場所とは…。

2011年3月11日(金)14時46分、東北地方を襲った「東日本大震災」。まずはこの場を持って被災された方のお見舞いを申し上げます。また、お亡くなりなられた方のご冥福をお祈りいたします。
 今回の災害は「地震」というよりも「津波」の被害の方が大きかったのではないのでしょうか?
私が住んでいる枚方市は、地震による「津波」の心配はほとんどありませんが、河川の氾濫での水害の可能性があります。
 枚方市には、大きく4つの川(淀川・天の川・穂谷川・船橋川)が流れています。
特に天の川・穂谷川・船橋川の3つ川は、淀川を終点として枚方市を横断するように流れています。
 (この3つの川は、枚方市の地域密着情報誌「LIP」で取材されたことがあります。)
地域情報紙「LIP」のHP…http://love-dugong.net/lip/
では、この時期に3つの川をご紹介したかというと…。
もし、この川が水害に見舞われたらどうしたらいいか?です。
1月31日にも書きましたが、災害によって非難場所が異なります。
たとえば、天の川沿いにある京阪電鉄交野線・「星が丘駅」周辺にお住まいの方は、地震時は「サプリ村野」などと近くの広域場所(小学校も含む)なっていますが、水害時は、「サプリ村野」は危険地域いなっています。
 これは、「サプリ村野」は天の川よりも下に位置するので氾濫時は水没してしまいます。
このように災害別で避難場所も変わってしまうため、日頃から「防災マップ」で確認することが大切ですね。
posted by mao. at 09:56| Comment(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。